コイル・トランス・モータ検査装置・計測器の開発製造|インパルス巻線試験機

製品紹介

その他

メカ製品
放電プラズマパルスパワー発生装置

株式会社電子制御国際では大気汚染の抑制として
排気ガス浄化・集煙・集塵と殺菌装置などに使用する
放電プラズマ・パルスパワー電源の開発に取り組んでいます。

経済産業省:平成16年度中小企業経営革新等対策費補助金・研究開発実施中
研究項目:放電プラズマ排気ガス浄化法用パルスパワー発生装置の開発
共同研究者:豊橋技術科学大学 エコロジー工学系 水野 彰 教授

研究開発概要

本研究開発は、豊橋技術科学大学 エコロジー工学系 水野 彰教授との共同開発による、小型・安価で汎用性のある高効率なプラズマを発生させる、パルスパワー電源の研究開発と、その電源を組み込んだ、ガス浄化装置による消煙・消臭・ミストなどの除去、ディーゼル発電機の排気ガス処理、殺菌装置による殺菌・減菌処理などの応用実証・評価研究を行い、実用化させるものです。

放電プラズマを用いた環境浄化技術

プラズマ・パルスパワー電源の開発

一般のパルス電源(パルス幅数十μ秒)による放電集塵方式として、ニードル放電、イオン化線方式などが実用化されていますが、いずれもパルス電源の性能が弱く、放電方法が線放電の為、効率のよいプラズマ発生が出来ませんでした。 本提案では、低温ガス浄化ができる放電プラズマ・パルスパワー発生装置(パルス幅数μ秒以下)の開発と、豊橋技術科学大学の実験設備で実証されているパルスストリーマ放電方式(豊橋技術科学大学のシーズ)を組み合わせる事で、放電の効率が既存の線から面へ拡がるだけでなく、格段に高効率のプラズマ発生が可能となります。

放電プラズマ化学反応

・ 効果的なラジカル(活性種)生成
・ 常温常圧での化学反応の誘起が実現

プラズマ中のラジカル生成

・ 電子によるガス分子の電離・励起で、OやOHなどのラジカルが生成され 汚染ガス分子の化学反応
・ パルス放電プラズマがラジカルの発生効率が高い

排気ガス浄化への応用

放電プラズマ・パルスパワー電源を、ディーゼル発電機排気ガスで浄化装置(豊橋技術大学のシーズ)に組み込む事で、黒煙、微粒子物質除去、及びNOxなどを大幅に削減することが可能になります。

殺菌装置への応用

放電プラズマ・パルスパワー電源を、ディーゼル発電機排気ガスで浄化装置(豊橋技術大学のシーズ)に組み込む事で、黒煙、微粒子物質除去、及びNOxなどを大幅に削減することが可能になります。